ワキガ治療を横浜で受けて悩みを根本解決

根本から解決できる剪除法

子供 わきがわきが治療

根本から解決できる剪除法 | 汗がサラサラで快適、体臭も半減 | 1日1回のデオドラントで十分

ずっとワキガに悩んでおり、子供のころから下着が黄色くなっていました。
入浴時には石鹸でよく洗っていましたが、すぐに臭いが発生してしまいます。
入浴から2時間も経過すれば蒸れてくるのがわかり、ワキガ特有の臭いを発していました。
洗浄しても臭いは消えませんし、デオドラントもあまり効き目がありません。
このままではいけないと考えて医療機関で脱毛も受けましたが、臭いはそれほど変わりませんでした。
洗浄やデオドラント、脱毛といった方法を試しましたが、十分な効果を期待できなかったので最終的にワキガ治療横浜のクリニックで受けることにしたのです。
美容整形は目元や鼻の整形がメインですが、ワキガ治療にも対応していました。

今はボトックス注射というお手軽に受けられる方法もあるそうですが、最も確実なのは剪除法だそうです。
アポクリン汗腺を除去することで、確実に臭いの原因を除去できると言います。
メスを使って切除するので不安はありましたが、麻酔を使用すればほとんど痛みは感じないと言います。
何より根本から解決できる唯一の方法ということで、この方法を選ぶことにしました。




子供の頃わきがだと気づかなかった

夏の思い出なのですが、
子供の頃(小学校高学年)に汗くさいだけではなく、なにか違う臭いがする子がいました。何故、その子だけ違うのか分らなかったのですが、
ある日「あの子わきがだね。」と言う子が出てきて『わきがてなに?』と思いましたが皆コソコソと話すので『あぁ~これは悪いものなんだ。』と思っていました。
 それから中学に上がり夏の体育の授業後に汗を拭いていたら、汗だけではない独特なアンモニアのような臭いが。 まさか自分が『わきが』なのではと不安になりましたが、「いや、誰もあの子臭い」とは言ってない。から大丈夫。 万が一、わきがだったら同級生にバレたら揶揄われると思い制汗剤をすぐに買い、その頃に新発売された汗拭きシートで対策しました。
 対策のお陰か周りに何も言われることなく大人になり、もう簡単な対策だけで大丈夫だよね。と過ごしていたらある夏の日の母に
『アンタわきがだから対策しなさい。白い服の腋が黄色くなってるから。』
えっ、今まで誰にも言われなかったから自分はわきがではないと信じていたのに。と衝撃でした。
デリケートな事なのだから皆言えなかっただろうな。とそれに気づけなかった自分が子供で恥ずかしいかったです。
現在は自分にあった対処法みつけれたので母には本当に感謝してます。